Tidbit s Tidbit

畳の話

畳表の値段による違い

畳表の価格は、使用するイ草の「質」と「量」によって異なります。

※上の画像は右に行くほど「質の高い」イ草です。


質の高い畳表には、しっかりと成長した長いイ草が選ばれます。

イ草の根と先端を除いた、強度・色・質が良い中央部分のみを使用するため、ささくれが出にくく耐久年数も上がります。

また、高級な畳になるほど使用するイ草の本数が増え、細かく目が詰まり、色ムラもなく、質感・見た目ともに美しく仕上がります。

一方、短いイ草が使用される畳表は、細く色ムラがある根や先端を含んで作られるため、強度や見た目が劣りますが、その分お値打ちに仕上げられます。





また、イ草は、日焼けによって色合いが変化します。

天然素材ゆえの趣ある色合いになりますが、お値打ちな畳表が茶色に変化していくのに対し、質の高い畳表は艶のあるクリーム色に落ち着きます。

畳表の質の違いは、耐久年数などの機能面だけでなく、色合いの変化という見た目にもあらわれるため、部屋の雰囲気や印象に大きく影響します。



一覧に戻る